2014年10月25日

第18回 【財務諸表】実態債務超過の意味〔動画アリ〕


今回は銀行用語の一つでもある
“実態債務超過”の意味について
紹介してみたいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





融資審査の際、会社から提出された
決算書の数字を銀行サイドが
鵜呑みにすることはありません。

決算書上で“債務超過”になって
いなくとも、独自に「資産価値ナシ」と
みなしたものについては、ディス
カウントした上で審査しています。

たとえば、2年連続で同じ取引先に対し
同額の売掛金がある場合、「コレは
もう回収不可能だな..」とみなされて
その分資産額をカットされてしまいます。

つまり、銀行にその資産価値を疑われ
そうなものがある場合は、会社側から
積極的に説明していった方がイイのです。

>>>

銀行に言われるがままに何の工夫もなく
決算書を提出してきたのであれば
今後ご注意くださいませ。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 08:00| Comment(0) | 財務諸表