2014年12月14日

第28回 【経営戦略】SWOT分析とは何か!?〔動画アリ〕


今回は、経営戦略を立案する上で
知っておいて頂きたい“SWOT分析”の
手法について紹介したいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





経営戦略を立案する際は事前に
必ず会社の現状分析を行います。

現状分析の代表的な手法の
一つが掲題のSWOT分析です。

SWOT分析では下記4つの視点にわけて
会社の現状を明らかにしていきます。

【強み】Strengths
【弱み】Weaknesses
【機会】Opportunities
【脅威】Threats

上記『強み』は“会社の収益源”と
理解して頂ければ結構です。

『弱み』は会社の収益を圧迫する
もの..たとえば不採算の商品や
店舗等をイメージしてください。

『機会』はマーケットに発生している
“ビジネスチャンス”と捉えてください。

『脅威』は、自社のサービス・製品の
代替品やライバル企業等、文字どおり
会社のビジネスを脅かすものです。

SWOT分析を実施した後、『強み』と
『機会』が交わる領域で「何ができるか
(経営戦略)!?」を考えていきます。

また『弱み』と『脅威』が交わる分野で
ビジネス展開しているなら、すみやかに
『強み』×『機会』の領域に経営資源
(ヒト・モノ・カネ)のシフトを検討します。

上記の考え方は“経営戦略立案の
セオリー”とも言えるものです。

そして、SWOT分析(現状分析)は
経営戦略立案のスタートラインです。

もしも、会社の『強み』『機会』等を
とらえ違えたら、デタラメな方向に
経営戦略を立てることになります。

SWOT分析は感覚的に行うのではなく
決算書の数値データや官公庁の統計
データ等を活用して、できる限り
客観的な結果を導き出してください。

..ここにおいて、会社の舵とりを担う
経営者・管理職は「決算書を読みとく
スキルが必須」であると言えます。

>>>

次回は『強み』×『機会』の領域で
どのように経営戦略を立案するかに
ついて説明したいと思います。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 09:21| Comment(0) | 経営戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: