2014年11月29日

第26回 【財務諸表】財務会計と管理会計の意味・違い〔動画アリ〕


今回は「財務会計」と「管理会計」の
言葉の意味・違いについて紹介します。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





財務会計は社外の人間(銀行員etc.)が
企業間の業績比較をするために
用いる集計数字のことです。

いわゆる決算書で集計した数字が
これに当たり、どこの会社でも
会計士を使ってやっていることです。

..少しいじわるな表現をすれば
財務会計は“どんぶり勘定”の
大ざっぱな集計数字とも言えます。

これに対し、管理会計は経営者を
はじめとする社内の人間が、経営
判断を行う上で必要な数字を独自に
集計していくことを指した言葉です。

【財務会計】
 社外向けの集計数字
 会計ルールにもとづき集計
 企業間の業績比較が目的

【管理会計】
 社内用の集計数字
 知りたい情報を独自に集計
 経営判断に活用するのが目的

管理会計導入時の重要なポイントは
「売上高だけを区分して集計しても
意味が無い」ということです。

動画内にて、商品A・B・Cに区分した
数字を示しましたが、売上高のみに
注目すれば、商品Aがこの会社の
“強み”に映るかもしれません。

【売上高の大きさ】
 商品A:400
 商品B:300
 商品C:200

しかし、粗利益まで見ていくと
会社に利益をもたらしているのは
商品Cであることが分かります。

【粗利益の大きさ】
 商品A:▲50
 商品B:0
 商品C:100

よってこの会社は、商品Cの
拡販に注力するのが経営戦略の
基本路線となるはずなのです。

..と、ここまで読んで頂いた方から
「あたり前じゃないか」と言われて
しまいそうですが、多くの中小企業では
売上の大きさだけを見て、「商品Aこそ
当社の強み」と誤判断しているのです。

ですから、売上高のみを区分する
のではなく、必ず利益まで数字を
細分化するようにして下さい。

>>>

管理会計の導入は、経理スタッフや顧問の
会計士にとっては“面倒な仕事”です。

彼らに任せるのではなく、経営者や
管理職の方々が、自ら“知りたい情報”を
明らかにした上で、集計する数字の
区分を指示するようにしてください。

ハズレの少ない経営戦略をつくる上で
管理会計の導入は必須の取組みです。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 23:39| Comment(0) | 財務諸表

2014年11月18日

第25回 【財務諸表】銀行融資と決算書まとめ〔動画アリ〕


今回は、銀行の融資審査と
決算書の関係についてです。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





「不動産があればお金を借りれる」..
この考え方は、80年代のバブル経済
崩壊前の少し“古い考え方”です。

「不動産は値上がりを続けるから、
不動産を持っている会社が相手なら
貸付金は必ず回収デキるだろう」..

そんな短絡的な発想でお金を貸し
続けた結果、銀行は国民の血税を
投入しなければ立ち直れないような
状況(業績)にいったん陥りました。

そして、銀行は金融庁からお叱りを
受けたのです..「あなた達は貸金のプロ
なんだから、きちんと相手企業の業績を
評価した上で貸付けしなさい」と。

銀行は、不動産の有無だけでなく、
決算書の数字を様々な角度から審査して
お金を貸すか否か判断しています。

そして、銀行は融資審査の結果(点数)に
もとづき、相手企業をいくつかに分類し、
それぞれ対応の仕方を決めています。

この分類のことを“債務者区分”、
この様に融資先のランクわけをする
仕組みを“格付制度”などと呼びます。

銀行から融資を引き出したいと
考えるなら、このような相手方の
事情や貸金判断の仕組みを理解
しておく必要があります。

銀行の軒先でビジネスプランを熱く
語ったり、「..そこを何とか!」と
頼み込んでも、決算書の数字が良く
無ければどうにもなりません。

「この会社なら、必ず貸したお金が
返ってくるな」..そんなふうに確実に
思わせるだけの材料を準備して、融資の
申し込みをするようにしてください。

>>>

今回の動画は、なるべくパソコンで
閲覧することを推奨いたします。

関連テーマの動画にジャンプする
リンク(グレーの枠)が貼られています。

再生リスト(動画まとめ)は
コチラからどうぞ(↓)。
≪銀行融資と決算書≫


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 19:24| Comment(0) | 財務諸表

2014年11月15日

第24回 【財務諸表】課税所得と益金・損金〔動画アリ〕


法人税等の納付額は損益計算書(P/L)
の「税引前利益×税率」ではなく、
「課税所得×税率」によって求めます。

今回は、この課税所得をどのように
求めるかについて概略を説明します。

>>>

前回のブログにて、P/Lのプラス項目、
マイナス項目、差額については、
以下のとおり用語を整理しました。

【会計(P/L)上の集計数字】
 プラス項目:『収益』
 マイナス項目:『費用』
 差額:『利益』or『損失』

税金計算する際の所得(課税対象額)は
上記『収益』『費用』の金額を調整する
ことによって求めた『益金』『損金』の
差額によって算出します。

【税務上の集計数字】
 プラス項目:『益金』
 マイナス項目:『損金』
 差額:『所得』

そして、この金額調整(計算)については
税務申告書の別表4にて行われています。

..ここまで読んで頂いて「?」となって
いる方も多かろうと存じます。

以下の動画をごらんになって、
イメージをつくってください。





改めて、計算の流れを以下に記します。

→P/Lで「収益−費用=利益」を計算。
→上記で求めた数字をベースにして
「益金−損金=所得」を計算する。

上記計算プロセスを確認できる
資料が税務申告書の別表4です。

>>>

今回の内容で押えて頂きたいことは
『費用』として落としたものが何でも
『損金』に成るとは限らない点です。

【要注意事項】
 会計『費用』≠税務『損金』

儲かっている会社の場合、決算期末に
アレコレ経費を使って節税しようと
しますが、税法上『損金』として認めて
もらえないものは、税額計算する上で
結局無視されてしまうのです。

『費用』になっても『損金』には
ならない..このような状態を指して
「(損金として)否認された」とか
「損金不算入」と表現します。

経営者・管理職の方々は「節税しよう」と
考えた時、対象となる『費用』項目が
本当に『損金』と成り得るか、税理士に
事前確認する事をおすすめします。

>>>

今回は、かなり難しい内容のお話です。
(100%理解できなくても構いません)

動画である程度イメージをつかんで
頂いた上で、別表4の見方を税理士の
先生に教わると良いでしょう。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 12:39| Comment(0) | 財務諸表

2014年11月05日

第23回 【財務諸表】会計(決算書)と現金の集計数字の違い〔動画アリ〕


損益計算書(P/L)の集計数字と
実際の入出金の数字が一致しない..
フシギに思ったことはありませんか!?

今回は、なぜ会計(決算書)上の数字と
現金の集計数字が異なるか、その原因
について紹介してみたいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





動画内にてふれたとおり会計と現金の
集計数字が一致しない原因としては
主に下記の3つが挙げられます。

【原因@】
 P/Lに数字が載るタイミングと
 実際の入出金時期が異なる

【原因A】
 P/L費用の中に借入金の
 元本返済額は含まれない

【原因B】
 P/L費用に現金支出が発生
 しない項目が含まれている
 (減価償却費etc.)

よって、詳細な入出金を把握したい時は
P/Lを見るのではなく、資金繰り表を
チェックする必要があります。

また、会計と現金とでは下記の
ような用語の違いがあります。

【プラス項目】
 会計『収益』
 現金『収入』

【マイナス項目】
 会計『費用』
 現金『支出』

【差 額】
 会計『利益』or『損失』
 現金『収支』

>>>

ちなみに現金『収支』の英訳が
“キャッシュフロー”です。

最終的に“手元に残ったお金”と
理解しておくと良いでしょう。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 23:51| Comment(0) | 財務諸表

2014年11月02日

第22回 【財務諸表】商売のサイクルと決算書上の数字の動き〔動画アリ〕


今回は商売のサイクルが回ると
貸借対照表(B/S)上の数字が
どのように連動するかを簡単に
説明したいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





この動画のポイントは「商売を始める
際は“先銭”がいる」ということです。

商売に使用する商品や製品を
買掛金(事実上の借金)を通じて
手に入れると、B/S上に棚卸資産と
仕入債務が両建てで載ってきます。

商品・製品が売れると、売掛金という
権利(代金請求権)を会社は得ます。

売掛金はあくまでも権利であって
実際にお金は入ってきませんが
通常、代金回収の前に買掛金の
支払時期が到来します。

この時に支払うお金(先銭)が世の中的に
“運転資金”と呼ばれるものです。

月次の試算表で、毎月運転資金が
どれくらい発生しているか
計算してみてください。

特に、季節によって売上高の変動が
大きい会社はご注意ください。

大きな売上高をつくるためには
大きな運転資金が必要となります。

資金繰りを考える上で
重要なポイントです。

>>>

運転資金について、以下の記事も
あわせてお読みください。

【参考記事】
 決算書上の運転資金


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 08:47| Comment(0) | 財務諸表