2015年01月17日

第32回 【経営戦略】マーケティングとブランドの意味〔動画アリ〕


今回は「マーケティング」「ブランド」の
意味について紹介したいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





「マーケティング」と言うと営業活動の
一分野、もしくは「市場調査」を意味する
単語と捉えている方がいらっしゃいます。

しかし本来的には「顧客のニーズに
いかに対応していくか!?」を考える
活動全般を意味したコトバなのです。

顧客ニーズに対応するなんて当り前の
ことじゃないかと思うかもしれませんが、
実際にはなかなか難しい思考方法です。


イイ商品・サービスを提供すれば
顧客に必ず評価してもらえるハズ..



ついつい我々が陥りがちな発想であり、
かつ、マーケティングとは真逆の
考え方(“プロダクトアウト”)です。

第29回のブログにて下記3つを決める
ことが経営戦略(事業ドメイン)の
立案につながると述べました。

【Who】誰に!?
【What】何を!?
【How】どうやって提供するか!?

マーケティングの考え方に従って
ビジネスを組み立てるのであれば、
「What(商品・サービス)」を決める前に
「Who(顧客)」が何を欲しているかを
真剣に考えなくてはならないのでしょう。

そして「ブランド」とは「Who」にとって
“意味のある違い”ということになります。

>>>

どう綴っても当り前のハナシになり、
しかし、それでいて実践するには
とてもムズカシイ事柄です。

ビジネスがうまく行かなくなった時、
マーケティングやブランドの意味を
改めて見つめ直すとイイかもしれません。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に

★発売中電子書籍(↓)
『中小企業のための人事評価制度』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00RIPXOZS
中小企業向けのシンプルな評価制度の紹介
posted by カトケン at 23:41| Comment(0) | 経営戦略

2015年01月16日

第31回 【経営戦略】ランチェスター戦略とは何か!?〔動画アリ〕


今回はメイドinジャパンの経営戦略論
である“ランチェスター戦略”について
簡単に紹介してみたいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





20世紀の世界大戦において、英国人
エンジニアのF.W.ランチェスターは
航空機同士の戦績の分析を通じて、
ランチェスター法則を見出しました。

そして、このランチェスター法則に
インスパイアされて日本人の田岡信夫氏が
提唱したのがランチェスター戦略です。

戦い方が異なれば戦力差が同じケースで
あっても損害量(ダメ―ジ)は異なる..


故に、弱者には弱者なりの戦い方があり
強者には強者にふさわしい戦い方がある..


弱者・強者の戦略を使い別け自社の
市場占有率(シェア)を上げよ!


..かなり乱暴ですが、ランチェスター戦略を
要約すると上記のような内容になります。

そして、弱者と強者の区別は「どれだけ
市場シェアを握っているか!?」に拠ります。

ここで「市場シェア」という単語を使うと
大企業が“強者”で、中小企業が“弱者”と
思われる方もいらっしゃるかもしれません..

でも、早とちりしないでください。

仮に、日本全国において市場シェアが
1%以下であったとしても、特定の
地域や商品ジャンルで大きなシェアを
握っているなら、そのセグメントに
おいて、その会社は“強者”なのです。

特定セグメントにおいて大きなシェアを
確保しながら自社の存在感を高めて行く..

ランチェスター戦略は、ある意味、
中小企業が“弱者”の立場から大きく
成長して行くための理論なのです。

>>>

ランチェスター戦略に関する書籍は
多々出ているので、ご興味のある方は
一度参考にしてみてください。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に

★発売中電子書籍(↓)
『中小企業のための人事評価制度』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00RIPXOZS
中小企業向けのシンプルな評価制度の紹介
posted by カトケン at 22:39| Comment(0) | 経営戦略

2015年01月10日

第30回 【経営戦略】ポーターの“5フォース分析”とは何か!?〔動画アリ〕


今回はマイケル・ポーター氏(米)の
“5フォース分析”について簡単に
紹介させて頂きたいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらん下さい。





第28回のブログにて、会社の経営戦略を
立案する際には、事前に現状分析が
必要であることを紹介させて頂きました。

そして、具体的な分析手法・方法論として
“SWOT分析”を紹介し、会社の内部環境と
外部環境をそれぞれ緻密に分析していく
必要がある旨、述べさせて頂きました。

この外部環境分析をする上で参考にして
頂きたいのが、アメリカの経営学者、
ポーター氏の“5フォース分析”です。

同氏は、会社が属す業界の収益性は
下記@〜Dの要素(競争要因)が
決定するとその著書で述べています。

@競争業者(ライバル企業)
A買い手(顧客)
B供給業者(川上の業者)
C新規参入業者
D代替品

そして、この5つの競争要因に対処して
会社が生き残って行くために、下記
3種類の基本戦略があるとしています。

【差別化戦略】
【コスト・リーダーシップ戦略】
【集中戦略】

ポーター氏は、上記3つのうち
いずれか1つを選択することが
重要であると述べています。

もしも、差別化戦略とコスト・リーダー
シップ戦略の両方を追いかけるような
ことをすれば「その会社は窮地に立つ
ことになる」とまで断言しています。

これは、ポーター氏が行った膨大な量の
企業研究の末に導き出された結論なのです。

>>>

「戦略とはやらないことを決める
ことである」..経営戦略の本質を
突いたポーター氏の言葉です。

常に、頭の片隅に留めて
おきたい名言ですね。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に

★発売中電子書籍(↓)
『中小企業のための人事評価制度』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00RIPXOZS
中小企業向けのシンプルな評価制度の紹介
posted by カトケン at 02:28| Comment(0) | 経営戦略

2014年12月20日

第29回 【経営戦略】事業ドメインとは何か!?〔動画アリ〕


今回は経営戦略の根幹となる
“事業ドメイン”の意味について
簡単に説明したいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





前回のブログにて、SWOT分析を通じて
明らかにした会社の強み(収益源)と
機会(ビジネスチャンス)が交わる領域で
経営戦略を立てることを説明しました。

それでは、「経営戦略を立てる」とは
一体何を決めることなのでしょうか!?

結論、「経営戦略を立てる」とは
下記3本の軸を決めることです。

【Who】顧客は誰か!?
【What】提供するものは何か!?
【How】どんな能力を活かして行くか!?

それぞれ、なるべく短い文章で
書き表すようにしてください。

もしも文章化できないなら、
頭の中で経営戦略がきちんと
まとまっていない、かつ、
他の従業員達とアイディアを
共有できないことを意味します。

また、だらだら長く書き表すのも
避けるようにしてください。

本来、経営戦略立案の狙いは限られた
経営資源の集中投下先を決め、効率よく
会社の成果を挙げることにあります。

「たくさん売りたいから..」と言って
WhoやWhatの定義に「アレもコレも」と
言い含めると、経営資源の分散を招き
無意味なプランになってしまいます。

(経営戦略立案とは真逆の行為です)

3本の軸が決定することによって描かれる
円を“事業ドメイン”と呼びます。

簡単に訳せば“会社の活動領域”と
いったところでしょうか..限られた
経営資源はココに注いで行きます。

たまに事業再生のニュース等で耳にする
“選択と集中”という言葉は、経営戦略の
立案..つまり、事業ドメインを描く上で
常に心がけるべきキーワードなのです。

>>>

SWOT分析同様、3本の軸を決めるのは
簡単なようでなかなか難しいことです。

一度、会社の皆さんで挑戦してみて下さい。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 09:06| Comment(0) | 経営戦略

2014年12月14日

第28回 【経営戦略】SWOT分析とは何か!?〔動画アリ〕


今回は、経営戦略を立案する上で
知っておいて頂きたい“SWOT分析”の
手法について紹介したいと思います。

>>>

まずは以下の動画をごらんください。





経営戦略を立案する際は事前に
必ず会社の現状分析を行います。

現状分析の代表的な手法の
一つが掲題のSWOT分析です。

SWOT分析では下記4つの視点にわけて
会社の現状を明らかにしていきます。

【強み】Strengths
【弱み】Weaknesses
【機会】Opportunities
【脅威】Threats

上記『強み』は“会社の収益源”と
理解して頂ければ結構です。

『弱み』は会社の収益を圧迫する
もの..たとえば不採算の商品や
店舗等をイメージしてください。

『機会』はマーケットに発生している
“ビジネスチャンス”と捉えてください。

『脅威』は、自社のサービス・製品の
代替品やライバル企業等、文字どおり
会社のビジネスを脅かすものです。

SWOT分析を実施した後、『強み』と
『機会』が交わる領域で「何ができるか
(経営戦略)!?」を考えていきます。

また『弱み』と『脅威』が交わる分野で
ビジネス展開しているなら、すみやかに
『強み』×『機会』の領域に経営資源
(ヒト・モノ・カネ)のシフトを検討します。

上記の考え方は“経営戦略立案の
セオリー”とも言えるものです。

そして、SWOT分析(現状分析)は
経営戦略立案のスタートラインです。

もしも、会社の『強み』『機会』等を
とらえ違えたら、デタラメな方向に
経営戦略を立てることになります。

SWOT分析は感覚的に行うのではなく
決算書の数値データや官公庁の統計
データ等を活用して、できる限り
客観的な結果を導き出してください。

..ここにおいて、会社の舵とりを担う
経営者・管理職は「決算書を読みとく
スキルが必須」であると言えます。

>>>

次回は『強み』×『機会』の領域で
どのように経営戦略を立案するかに
ついて説明したいと思います。


★社長のヴィジョンを組織のアクションへ!
≪さくら経営支援室≫ 加藤健一郎
中小企業診断士・社会保険労務士事務所

★さくら経営支援室HP(↓)
http://sakura-keiei.com
当事務所の業務内容が分かります

★お問合せメールフォーム(↓)
http://sakura-keiei.com/contact/
個別のご相談・お問合せはコチラから

★YouTubeチャンネル(↓)
http://youtube.com/user/SakuraKeiei
ブログで使用した動画をアップしてます

★発売中電子書籍(↓)
『簿記の勉強の前に読む本』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00NFFARMI
会計(簿記)初心者向けの短編です

★発売中電子書籍(↓)
『経営者・管理職のための決算書の読み方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00LYPZU2S
経営判断する為の数字の見方について

★発売中電子書籍(↓)
『キャッシュフローから考える予算のつくり方』
http://amazon.co.jp/gp/product/B00MQRH8GO
事業計画書の作成方法を知りたい方に
posted by カトケン at 09:21| Comment(0) | 経営戦略